忍者ブログ

ホーム購入・比較情報

マンション・戸建を予定している人向け の重要情報をお知らせ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

多くの不動産会社が、都市部で60坪以上の敷地が手に入ると数戸の住宅に分けて分譲する理由


狭い土地で居心地 のよさを追求する方法。
都市部では、土地の有効活用が必要。戸建では狭小立地の木造3階建て住宅を採用するケースが増えている。多くの不動産会社が、都市部で60坪以上の敷地が手に入ると、その土地を数戸の住宅に分けて分譲する。

東京23区で60坪のままで、一戸建てを建築すると、その売値は安くても1億5000万円~2億円になってしまうため、買い手が付かない場合があるからである。ならば、同じ値段で都心に建設されるマンションにて日当たりのよい最上階住戸を購入した方がよい、と考える人も多い。もし、戸建にこだわる人の場合には、同じ値段で郊外に、広い庭付きを購入した方がよい。上記の理由から、23区に4000 万円程度の3階建て住宅を建てた場合、以下のような特徴のある家ができる。

・土地面積が60平方メートル(20坪)であるため建物は細長い搭のようになる。
・23区では、密集して建設されるので、1階は日当たりは良くない場合が多い。

1階には駐車場を組み込む場合が多い、また重量がかかる浴室やトイレは1階に設置される。

・日当たりがよくなるように2階はフロア全体を使ってLDKを設置する場合が多い。
・3階は居室が2つ程度あり、子供部屋として使われる。
・狭いスペースにて建築されるので、階段は許容限度ぎりぎりの急角度となり滑り落ちる危険性も高い。



このような条件でも3階建ての住宅は人気があるようだ。理由としては「どうしてもマンションは嫌だ」と考えている人が「都市には住みたい、でもマンションは嫌」と思い購入する。

【マンション 藤沢】 藤沢市の物件一覧リノベーションマンション特集


この記事の引用は、リンクだけ下さればご自由に使ってください
他のサイトでもご自由にこの記事の内容を使ってください。
でもこのページへのリンクはしてくださいね。(nofollow無しで)



換気ダクトなどの落下に注意する。



すでに地域開発が終わっている地域の場合、もしくは周辺に同じようなマンションが既に建っている場合、中古マンションの上階が、その後何年か経って、日当たりが悪くなったり、見晴らしが変わるような心配は少ないと思われる。その意味でも、このような中古上階のマンションは魅力的であるが、逆に上階ゆえに気をつけなければならないことがある。

それは落下事故だ。建物の外壁に出ている部分がネジや部品の老朽化で落ちて大惨事を招く可能性もある。換気ダクトや、ベランダの排水口から伸びたパイプのつなぎ目、窓サッシのガタつきや、網戸などの開口部分などを念入りにチェックするのがよい。


新築戸建・マンション:本当の情報はパンフレットの後半にある

この記事の引用は、リンクだけ下さればご自由に使ってください
他のサイトでもご自由にこの記事の内容を使ってください。
でもこのページへのリンクはしてくださいね。(nofollow無しで)
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 

TRACKBACK

TrackbackURL

  

カレンダー

12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新TB

プロフィール

HN:
住まい管理人
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

アーカイブ

P R

Copyright ©  -- ホーム購入・比較情報 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]